• トップ /
  • 独立をするなら金融公庫

独立時におすすめの金融機関とは

硬貨とフィギュア

起業に伴い独立をする場合、一番困るのは資金面です。ですが、実績もない会社に資金を融資してくれる金融機関はほとんどありません。融資可能であっても融資条件は高金利・短期間返済など、起業したての会社には厳しい条件ばかりです。日本政策金融公庫では、起業の前後から企業後7年以内の方に融資を行うサービスがあり、返済期間も運転資金は7年以内、設備資金は20年以内の返済を条件としています。審査条件も前職の勤務年数だけではなく、起業する職種やそれに関する技能を考慮してくれるなど柔軟な審査基準が設けられています。独立する人の強い味方となるでしょう。

独立するなら公庫の制度を

いわゆる脱サラで独立し、個人事業、フリーランス、あるいは会社設立をする場合、お勤めの時代の貯金だけでは資金が確保できないことがあります。友人知人からの出資などの当てがない場合、金融機関からの借り入れが候補となりますが、融資審査の厳しさから断念する例もあります。そこで検討したいのがいわゆる政府系金融機関である公庫です。公庫には、創業者融資というものがあり、丁寧な事業計画、個人としての信用状況などから、低利息で、また場合によっては、信用保証協会を利用して無担保での融資が受けられる制度があります。独立に伴い融資を考える場合、第一候補として考えておくべき機関です。

↑PAGE TOP