カタログギフトを香典返しに利用する方法

カタログギフトは、贈った相手が好きなものを選べる、当日返しの場合はかさばらないなどの理由から香典返しに利用する人もいます。カタログギフトを扱うショップはたくさんあり、どこにお願いしたら良いのか迷ってしまいがちです。
ショップの中には、カタログの中の商品がどのようなものなのか確認できるように資料請求できるところがあります。Web上で確認できるといってもその度にパソコンを開いたりしなければならないので、時間があるときにすぐに確認できる資料があるととても便利です。
また、喪主や遺族の方の年齢によってはパソコンが苦手な方もいます。資料請求の中には注文書や挨拶状のサンプルまで入っていたりと、一式揃っていることが多いので、分かりやすく注文しやすいです。さらにメーカーの希望によりWeb上で公開できないブランドや銘菓に関しての情報も確認できたりします。

香典返しのカタログギフトの注文方法

香典返しのカタログギフトの注文方法は、Excelを利用してメールで注文する方法、手書きで書いた物をFAXで注文する方法、ショップよっては買い物かごシステムから注文する方法があります。送付先が多い場合はExcelでデータを作った方が修正が可能なので便利です。パソコンが得意でない方は手書きが良いです。送付先が少ないようならショップが独自で作成した買い物かごが便利です。
注文したなら大抵はショップから確認の連絡がありますが、もし何も連絡がなかったら届いていない可能性もあるので、必ず確認をします。支払いはカード決済、銀行振込、郵便振替などさまざまな方法があります。銀行振込や郵便振替は商品が発送になってから請求書が届き、その後振り込めば良いところだと安心です。

香典返しの送付に宅配状況が確認できる

先方に香典返しがキチンと届いているのか心配になることも多いものでしょう。送り先がたくさんある場合には、何度も確認したにも関わらず宛先や名前を間違って注文してしまうこともありますし、先方が長い間留守をしていることによって届いていないこともあります。
そのような場合に備えて、宅配状況を確認できるシステムがあります。申し込み時に希望することを伝えれば宅配便の問い合わせ番号を知らせてくれます。運送会社のホームページの配達状況確認画面に行き、問い合わせ番号を入れれば荷物が先方に届いたかどうか確認できます。ただし全てのカタログギフトショップでこのようなサービスを行っているとは限らないので、注文時には必ず確認するようにしましょう。

ピックアップ記事

カタログギフトを香典返しに利用する方法

カタログギフトは、贈った相手が好きなものを選べる、当日返しの場合はかさばらないなどの理由から香典返しに利用する人もいます。カタログギフトを扱うショップはたくさんあり、どこにお願いしたら良いのか迷ってし...

香典返しのカタログギフトの掛け紙について

香典返しの掛け紙や挨拶状にはその土地ならでは決まりがあります。いざ送るときになってどのような決まりがあるのか悩んでしまうものですが、大抵の地域で通じる一般的な形を使うのが良いです。香典返しに掛けるもの...

香典返しのカタログギフトは会社にも送るべきか

遺族の勤務先や仕事の取引先などから香典をいただいた場合、お返しをするかどうか迷ってしまうこともあるでしょう。故人の遺志で香典はすべて寄付したいというケースもあり、喪主の人は人生において何度も経験するこ...

香典返しに人気の食品カタログギフト

香典返しを食品から選ぼうと思った場合、人気のあるものを選ぶとより一層心がこもったお礼となります。忌事の返礼にはいつまでも悲しみを残さないということで形の残らないものにするという考えがあります。すぐにな...