• このエントリーをはてなブックマークに追加

香典返しのカタログギフトの掛け紙について

香典返しの掛け紙や挨拶状にはその土地ならでは決まりがあります。いざ送るときになってどのような決まりがあるのか悩んでしまうものですが、大抵の地域で通じる一般的な形を使うのが良いです。
香典返しに掛けるものは掛け紙といいます。のしをつけるのはおめでたいときだけで、すでにのしを印刷されている物を掛けるのでのし紙といいます。掛け紙には白黒の結び切りの水引を使います。結び切りには二度と繰り返さないようにという意味があり、繰り返してはならない時に使用します。また、蓮の花の描かれたものがありますが、これは仏教の時のみに使用するものなので他の宗教の時には避けましょう。表書きには志と書くことが最も一般的です。

香典返しのカタログギフトの挨拶状について

香典返しを贈るときには挨拶状を添えます。挨拶状にはお供えについてのお礼、法要が無事に終わったことの報告、故人が生前お世話になったことへのお礼、香典返しを贈るお知らせ、直接伺うことができないことへのお詫びなどです。挨拶状を書くときには、普通の手紙とは違った決まりがあるので注意しましょう。
挨拶状には句読点は使いません。もともと毛筆で書かれていたため今でもその習慣が残っています。故人の名前の書き方は喪主との関係によって違いがありますが、頭に故という文字をつけ名前の後に儀を付けるのが一般的です。季節の言葉は必要なく、拝啓、敬具といった文字も必ずしも必要ではありません。もし入れる場合は両方とも入れ、入れないのであれば両方入れません。挨拶状は故人と直接面識のない方へ送ることもあるため、その点を考慮して書くべきです。

挨拶状はカタログギフトショップにお願いする

香典返しの挨拶状はいろいろな決まりがあり、自分で書くことは難しいです。カタログギフトショップでは挨拶状や掛け紙をお願いできるところがあるので、そういったサービスのあるところに依頼をしても良いでしょう。
プリンター印刷ではなく印刷会社で作成しているところもあり、その場合は仕上がりがとてもきれいです。たくさんのサンプルの中から選べるシステムになっているところもあり、どれが良いのか迷ってしまう時にはアドバイスをしてくれます。注文した金額によっては無料で行ってくれるところもあります。
また、名前の入っていない既成の挨拶状で良い場合は、注文金額に関わらず無料でサービスしてくれるところもあります。

ピックアップ記事

カタログギフトを香典返しに利用する方法

カタログギフトは、贈った相手が好きなものを選べる、当日返しの場合はかさばらないなどの理由から香典返しに利用する人もいます。カタログギフトを扱うショップはたくさんあり、どこにお願いしたら良いのか迷ってし...

香典返しのカタログギフトの掛け紙について

香典返しの掛け紙や挨拶状にはその土地ならでは決まりがあります。いざ送るときになってどのような決まりがあるのか悩んでしまうものですが、大抵の地域で通じる一般的な形を使うのが良いです。香典返しに掛けるもの...

香典返しのカタログギフトは会社にも送るべきか

遺族の勤務先や仕事の取引先などから香典をいただいた場合、お返しをするかどうか迷ってしまうこともあるでしょう。故人の遺志で香典はすべて寄付したいというケースもあり、喪主の人は人生において何度も経験するこ...

香典返しに人気の食品カタログギフト

香典返しを食品から選ぼうと思った場合、人気のあるものを選ぶとより一層心がこもったお礼となります。忌事の返礼にはいつまでも悲しみを残さないということで形の残らないものにするという考えがあります。すぐにな...