香典返しのカタログギフトは会社にも送るべきか

遺族の勤務先や仕事の取引先などから香典をいただいた場合、お返しをするかどうか迷ってしまうこともあるでしょう。故人の遺志で香典はすべて寄付したいというケースもあり、喪主の人は人生において何度も経験することではないため、一つ一つのケースに戸惑ってしまいがちです。
まず、会社から香典をいただいた場合は、どのような形でいただいたのかを確認します。法人として会社が贈るケース、社長や役員、社員が個人名義で贈るケース、社員の数名が有志といった形で贈っているケースの3つのパターンに分けられます。贈り主が法人のケースでは福利厚生費が利用されているため、香典返しは必要ありません。しかし、まれに社長のポケットマネーから贈られているケースもあるので、法人としてなのか個人で贈っているのかは確認する必要があります。例え法人名であっても社長などの個人的な配慮だと分かる場合は、香典返しを贈るようにします。

連名での香典返しはどうするのか

香典の中には社員一同や社員有志といった連名の場合があります。その場合1人1人の金額が少額であった場合は、忌引き休暇明けにみんなで食べられるお菓子などを持参するのが良いです。もし、3,000円以上の高額だった場合は1人1人に香典返しを贈るべきです。その他のカタログギフトの香典返しなどと共にお願いすれば、割引の対応となったり送料が無料になったりするため、安価な商品を選ぶことができます。

香典返しを辞退されたときの対応方法

香典袋に香典返しはご遠慮します、といった文面を書き添えて辞退することもあります。特に高額であった場合は、香典返しを辞退された方にはそれでも贈った方が良いのかどうか迷ってしまいます。辞退した方に贈ることは決して失礼ではありません。その方の事情やどのような関係だったのかによって違うため、辞退した方にも贈るべきであるとか、贈ってはいけないといった決まりはなく、臨機応変に対応するべきです。
もし、遺族の生活の助けになればという気持ちが感じられる場合は、その気持ちを受け取ることも大切です。そのときにはお礼状を送りましょう。法人からの場合にお世話になったお礼をというのであれば、大人数でも分け合えるお菓子を扱っているカタログギフトから選んでもらうのが適切です。その場で多くの人が好むお菓子がどのようなものなのか分からないので、カタログギフトであれば先方に好きな物を選んでもらえて便利です。

ピックアップ記事

カタログギフトを香典返しに利用する方法

カタログギフトは、贈った相手が好きなものを選べる、当日返しの場合はかさばらないなどの理由から香典返しに利用する人もいます。カタログギフトを扱うショップはたくさんあり、どこにお願いしたら良いのか迷ってし...

香典返しのカタログギフトの掛け紙について

香典返しの掛け紙や挨拶状にはその土地ならでは決まりがあります。いざ送るときになってどのような決まりがあるのか悩んでしまうものですが、大抵の地域で通じる一般的な形を使うのが良いです。香典返しに掛けるもの...

香典返しのカタログギフトは会社にも送るべきか

遺族の勤務先や仕事の取引先などから香典をいただいた場合、お返しをするかどうか迷ってしまうこともあるでしょう。故人の遺志で香典はすべて寄付したいというケースもあり、喪主の人は人生において何度も経験するこ...

香典返しに人気の食品カタログギフト

香典返しを食品から選ぼうと思った場合、人気のあるものを選ぶとより一層心がこもったお礼となります。忌事の返礼にはいつまでも悲しみを残さないということで形の残らないものにするという考えがあります。すぐにな...