香典返しに人気の食品カタログギフト

香典返しを食品から選ぼうと思った場合、人気のあるものを選ぶとより一層心がこもったお礼となります。忌事の返礼にはいつまでも悲しみを残さないということで形の残らないものにするという考えがあります。すぐになくなってしまう石けんやタオルなど、消えものを贈ることが一般的です。
それ以外には食品が人気があり、カタログギフトにもさまざまな食品を扱っているものがあります。当日返しでも持って帰るときに不便でないため、利用する人が増えています。
消えものとはいっても多少は日持ちする物が人気で、古くからお茶や乾物を利用する人が多く、最近ではコーヒー、お菓子なども用いられています。特に高級ブランドの飲料やお菓子は人気があります。調味料も人気のある商品ですが、当日返しで持って帰るには重たくかさばるので、カタログギフトを利用すると便利です。

香典返しには贈らない方が良い食品

食品の中でも香典返しには不向きなものがあります。基本的に肉や魚は避けるようにします。仏壇にお供えする物でも、例え故人が好く名物であってもお刺身のような生ものはやめた方が良いとされています。精進料理は肉や魚だけでなく卵も使用していません。厳しく厳選されている場合は、出汁でさえカツオの使用を避けて調理します。そういったことから香典返しには向かない食品とされています。それ以外にもお酒もお祝いの時に飲むイメージが強いため、良いものではありません。
ではそういった食品が掲載されたカタログギフトはやめた方が良いのかというと、受け取った方が選んで頼むカタログギフトなら大丈夫だという考えがあります。もし、判断に迷うようなら肉、魚が掲載されている物ではなく、無難にお菓子やコーヒーなども飲料を扱っているものを選ぶと良いです。

香典返しの食品の品物選びはどうする?

香典返しに食品を選ぼうとしたときは相手に好みがあるため迷ってしまいがちです。特に最近ではアレルギーを持つ人も増えているため、その点に関しても考えなければなりません。たとえ葬儀に参列してくれた方全ての人の好みを分かっていたとしても、個別に対応することはできません。
その点、カタログギフトはとても便利だと言えます。先方に好きな物を選んでもらえば良いわけですし、アレルギーのある方は食材を確認して申し込めば良いので、こちらで配慮する必要がありません。葬儀の時は悲しい気持ちにも関わらずさまざまなことを行わなければなりませんが、失礼になることなく簡単に選べるカタログギフトはとてもおすすめです。

ピックアップ記事

カタログギフトを香典返しに利用する方法

カタログギフトは、贈った相手が好きなものを選べる、当日返しの場合はかさばらないなどの理由から香典返しに利用する人もいます。カタログギフトを扱うショップはたくさんあり、どこにお願いしたら良いのか迷ってし...

香典返しのカタログギフトの掛け紙について

香典返しの掛け紙や挨拶状にはその土地ならでは決まりがあります。いざ送るときになってどのような決まりがあるのか悩んでしまうものですが、大抵の地域で通じる一般的な形を使うのが良いです。香典返しに掛けるもの...

香典返しのカタログギフトは会社にも送るべきか

遺族の勤務先や仕事の取引先などから香典をいただいた場合、お返しをするかどうか迷ってしまうこともあるでしょう。故人の遺志で香典はすべて寄付したいというケースもあり、喪主の人は人生において何度も経験するこ...

香典返しに人気の食品カタログギフト

香典返しを食品から選ぼうと思った場合、人気のあるものを選ぶとより一層心がこもったお礼となります。忌事の返礼にはいつまでも悲しみを残さないということで形の残らないものにするという考えがあります。すぐにな...