カタログギフトで香典返しを

香典返しはお通夜やお葬式で故人に香典をいただいた際に気持ちを込めて行うマナーの一つです。しかし、人生において喪主になることは少ないので、香典返しもどうすればいいのか分からない人がほとんどです。香典返しは四十九日の法要が終わったことを知らせるために行うので、四十九日過ぎてから贈ることが一般的です。
本来なら喪主が直接持参して挨拶するのがマナーですが、近年では郵送することが多くなっています。四十九日当日から1ヶ月以内に送ればよいのでそれほど急ぐことはないのですが、喪主になるとさまざまな雑務に追われてしまうので、どのような物を贈るのかは早めに選んでおいた方が良いでしょう。
故人を偲ぶために足を運んでくれた人に対して、お礼の気持ちは忘れずに伝えるようにしましょう。贈る商品をどれにするのか選ぶのは大変なため、近年では受け取った人が選べるカタログギフトなどが喜ばれています。

香典返しの金額の目安

半返しという習慣が日本にはあります。もらった金額の半分を返すということですが、3分の1くらいからで差し障りありません。特に2万円以上の高額の香典を身内からもらったときには故人への扶助の気持ちが込められているため、半返しではなくても失礼には当たりません。
また、故人の社会的地位や地域の習慣などによって違いがあるので、失礼にならないためにも確認をした方が安心です。カタログギフトでは様々な値段の設定があるので、香典の金額によって贈り分けを行うことができるため、とても便利です。弔辞に来ていただいた方の名前、住所、電話番号、香典の金額を確認して、香典の金額別に分けておくと役に立ちます。

当日返しの場合

四十九日の喪が明けた後ではなく当日にお返しすることがあり、近年ではこの方法を利用する方が増えています。当日返しの予算は大体2,000円から3,000円くらいの間で用意することが多いです。例えば2,500円の香典返しを用意していて、いただいた香典が5,000円だったとすると半返しになるので、それ以上のお返しをする必要はありません。もし、1万円をいただいたのだとしたら、さらに喪明けに2,500円相当の品物を贈ると良いでしょう。
地域によって違いはありますが、このような方法で香典返しを渡すのであれば、お通夜や葬儀の当日には2,500円相当のものを用意しておけば良いということになります。当日にハンカチを渡す予定であるとしたら会葬御礼品といい、お礼の気持ちなので香典返しとは別の予算と考えます。

お葬式を挙げられた喪主様。初めて喪主を経験し、お香典返しの商品をお探しのお客様はGift Japan! しっかり、お得、安心、簡単注文を考え抜いた香典返し専門店です。 香典返しが超お得になるウルトラサービスをご用意!平均単価2500円以上で全品送料無料(沖縄、離島は別途有料)! メール、お問い合わせフォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。 お世話になった人への香典返しのカタログはギフトジャパン

ピックアップ記事

カタログギフトを香典返しに利用する方法

カタログギフトは、贈った相手が好きなものを選べる、当日返しの場合はかさばらないなどの理由から香典返しに利用する人もいます。カタログギフトを扱うショップはたくさんあり、どこにお願いしたら良いのか迷ってし...

香典返しのカタログギフトの掛け紙について

香典返しの掛け紙や挨拶状にはその土地ならでは決まりがあります。いざ送るときになってどのような決まりがあるのか悩んでしまうものですが、大抵の地域で通じる一般的な形を使うのが良いです。香典返しに掛けるもの...

香典返しのカタログギフトは会社にも送るべきか

遺族の勤務先や仕事の取引先などから香典をいただいた場合、お返しをするかどうか迷ってしまうこともあるでしょう。故人の遺志で香典はすべて寄付したいというケースもあり、喪主の人は人生において何度も経験するこ...

香典返しに人気の食品カタログギフト

香典返しを食品から選ぼうと思った場合、人気のあるものを選ぶとより一層心がこもったお礼となります。忌事の返礼にはいつまでも悲しみを残さないということで形の残らないものにするという考えがあります。すぐにな...